お茶の語源

漢字の「茶」は中唐以後に成立した字のようです。以前は「ト」で代替されていたようです。「ト」は草本植物をあらわ草冠、「苦い」ことを意味する「余」の意味から成り立ちます。本来の字は苦い味のする植物であるニガナを指すものでもあります。語源は原産地の雲南方面から四川・江南へと長江流域に茶が広まるにつれ、デャあるいはテャのような発音を当てて使うようになったと憶測されています。

想茶石鹸 格安通販